小樽のクラフトワインショップ&カフェ Taru Lab - 樽ラボ Taru Lab 樽ラボ|イタリア・サルデーニャ島のちょっと贅沢なクラフトワイン&リキュール

Taru Lab
Online Shopオンラインショップ

Quartomoro di Sardegna Memorie di Vite MRS Muristellu Isola dei Nuraghi IGT 2018 クアルトモロ・ディ・サルデーニャ メモリエ・ディ・ヴィーテMRS (ムリステッル) 2018

販売価格
4,700円(税込5,170円)

この商品のキーワード

購入数

お酒は 20 歳になってから、ご購入は 20 歳以上に限ります。 25,000 円以上のお買い上げで送料無料

商品詳細

    
種別 ワイン(果実酒)
タイプ 赤 ドライ ミディアムボディー
生産者 Quartomoro di Sardegna (クアルトモロ・ディ・サルデーニャ)
生産地 イタリア サルデーニャ アルボレア村
GI(地理的表示) Isola dei Nuraghi IGT (イソラ・ディ・ヌラギ IGT)
生産年(ヴィンテージ) 2018
品種 Muristellu (ムリステッル)
アルコール度数 13.0%
容量 750ml
適温 16-18度

クアルトモロ・ディ・サルデーニャ メモリエ・ディ・ヴィーテMRS (ムリステッル) 2018

■ワインの味わい

メモリエ・ディ・ヴィーテというブドウの記憶と呼ばれるこのシリーズは、クアルトモロ・ディ・サルデーニャのプロジェクトで、サルデーニャの土着品種のグレープに焦点を当て、品種とそれぞれの土地がブドウに与える可能性を最大限に引き出しながら丁寧な手法で作られた少量生産のクラフトワインです。 メモリエ・ディ・ヴィーテMRSはサルデーニャ島の中部、マンドロリザイ地方の土着品種、樹齢56年の古木のムリステッルから少量収穫できるブドウを丁寧に手摘みで収穫し、野生酵母を使ってナチュラルな製法で作られた味わい深い赤ワインです。ステンレスタンクと古樽で6ヶ月間熟成された後、瓶内で最低6ヶ月以上熟成させたこのワインは、ミディアムボディーで酸とタンニンがはっきりしていながら、やわらかな口当たりです。色は生き生きした濃いガーネットがかったルビー、 香りにはレッドフルーツを軸にスパイスやカカオ、土のようなアロマがあり、 しっかりした酸とタンニンが溶け込んだなめらかな味わいにブラックベリーやレッドフルーツ、バルサミコ、スパイスなどの風味がいつまでも口の中で続きます。

■ワインの背景

サルデーニャの土着品種のムリステッルはムリステッドゥ・ボヴァーレ・サルドとも呼ばれ、マンドロリザイ地方では他のブドウとブレンドされてワインが作られることが多いのですが、このメモリエ・ディ・ヴィーテMRSは100%ムリステッルで作られたワインです。花崗岩質の砂土で育った樹齢56年の古木から収穫されたムリステッルには深く、力強い複雑な香りや味わいがあり、酸味となめらかで長い余韻のタンニン、個性的でしっかりした骨格というこのブドウの特徴がお楽しみいただけるワインです。 実験好きの実力派醸造家ピエロ・チェッラはサルデーニャの土着品種の保存にも力を注いでおり、島中にまだまだ現存する古木やブッシュヴァインを自らの足で探し求めながら、ブドウの特徴を最大限に引き出した高い技術のワイン造りで、常にインターナショナルなレベルを目指した素晴らしいワインを作り続けています

■このワインと合う料理

ミートベースのリゾットや、ラグーソースのパスタ、赤身肉のシチュー、ローストした肉料理、ローストしたマグロにぴったりの味わいです。ハムやサラミなどのシャルキュトリーや少し熟成したペコリーノとの相性もとても良い赤ワインです。

■こんなシーンにおすすめ

家飲みからホームパーティーなどシーンを問わず、ランチやディナーなどでしっかりした味わいのお料理と合わせてお楽しみいただけます。お誕生日や記念日などにいろいろなお祝いの席にお召し上がり頂いても、お礼や贈り物にも、またこだわりの作り手の珍しい品種のクラフトワインはワイン好きな方へのプレゼントにもぴったりです。

■ラッピング

のし、ギフトボックス、メッセージカード、ギフトラッピングなどもご用意しておりますので、お気軽にお尋ねください。お中元、お歳暮、内祝いなどのギフトにも対応可能です。

PRODUCERワイナリー紹介

■Quartomoro di Sardegna(クアルトモロ・ディ・サルデーニャ)

サルデーニャ島ではもちろん、イタリアでも近年最も注目されている醸造家の一人、ピエロ・チェッラ。彼が奥さんのルッチャーナと家族で営むワイナリー、クアルトモロ・ディ・サルデーニャは2007年にオリスターノ市からほど近い、西海岸沿いの アルボレアという村に設立されましたこのワイナリーは、普段はサルデーニャ各地で醸造コンサルタントとして活躍している、ピエロの実験的ガレージワイナリーとしてスタートしました。
ここでは、かつてイタリアワイン、スーパータスカンの父と言われたジャコモ・タキスの右腕として長年活躍したピエロの技術と知識を駆使して、島の様々な土着ブドウ品種とサルデーニャ島のテロワールに注目し、その可能性を最大限に引き出し国際的レベルまで引き上げるというコンセプトを基に、数々の素晴らしい島の土地や文化を感じながらもとてもエレガントなワインが生み出されています。
クアルトモロ・ディ・サルデーニャでは、土地に敬意を払うという意味で、化学的な手は加えない自然農法にこだわりながら、ワイナリーでもできる限りナチュラルなワイン作りを心がけています。この魅力的なクアルトモロ・ディ・サルデーニャのワインを通して、新しいサルデーニャワインの可能性をも感じることができます。