小樽のクラフトワインショップ&カフェ Taru Lab - 樽ラボ Taru Lab 樽ラボ|イタリア・サルデーニャ島のちょっと贅沢なクラフトワイン&リキュール

Quartomoro di Sardegna Q Metodo Classico Brut NV クアルトモロ・ディ・サルデーニャ Q (クー) メトド・クラシコ ブリュット NV

販売価格
5,000円(税込5,500円)
購入数

お酒は 20 歳になってから、ご購入は 20 歳以上に限ります。 25,000 円以上のお買い上げで送料無料

商品詳細

    
種別 ワイン(果実酒)
タイプ 白(スパークリング) ドライ ミィディアムボディー
生産者 Quartomoro di Sardegna (クアルトモロ・ディ・サルデーニャ)
生産地 イタリア サルデーニャ アルボレア村
GI(地理的表示)
生産年(ヴィンテージ) NV
品種 Vermentino (ヴェルメンティーノ)
アルコール度数 12.5%
容量 750ml
適温 10-12度

クアルトモロ・ディ・サルデーニャ Q(クー) メトド・クラシコ ブリュット NVの紹介

■ワインの味わい

ヴェルメンティーノをメトド・クラシコ製法(シャンパン製法、瓶内二次発酵)により、24ヶ月イーストコンタクト熟成で作られた、クアルトモロ・ディ・サルデーニャワイナリー人気のスパークリングワインです。 手間のかかるメトド・クラシコ製法のすべての工程が手作業で行われ、少量生産で丁寧に作られたクラフトワイン”Q”。ヴェルメンティーノグレープのフレッシュでドライな香りや味わいに、この品種の特徴でもある、潮風やフローラルの美しいアロマ、柑橘系の爽やかな味わいと共に瓶内熟成によるイースト香、パンなどのアロマなどがバランス良く、きめの細かい泡と上品でリッチな奥行きのある風味や味わいがとても魅力的なワインです。

■ワインの背景

イタリアワインの中でもスパークリングワインはスプマンテの総称で親しまれています。質の良いイタリアンスパークリングワインは華やかなイメージとともに、色々なシーンでお楽しみいただくことができます。 ”Q”はサルデーニャの土着グレープを使ってメトドクラシコ(シャンパン製法)のスパークリングワインを作るというというコンセプトの下、2009年からクアルトモロ・ディ・サルデーニャからリリースされている、ワイナリー自慢のヴェルメンティーノのスパークリングワインです。 サルデーニャを代表する白ワインといえばヴェルメンティーノ。この”Q”の原材料となるヴェルメンティーノグレープはクアルトモロ・ディ・サルデーニャそばのマルビウという土地、黒曜石を含んだ砂土や火山性粘土で栽培されたものを使用することで、仕上がりにバランスの良いミネラル感を与えています。 クアルトモロ・ディ・サルデーニャでは、メトドクラシコの手間のかかる全工程をワイナリー内で自ら行っており、デコルジュマンも自分たちでやるという徹底ぶりです。ボトルには黒地にQとだけ書かれたミニマルでスタイリッシュなデザインも目を引きます。 6本ご注文いただいた場合は、写真のクアルトモロ・ディ・サルデーニャの特製ボックスに入れてお届けします。それ以下の場合は簡易包装となります。

■このワインと合う料理

アペリティフとして、おつまみやオードブルと。前菜や軽いお食事と一緒に。魚介系のお料理全般にぴったりです。またすしや刺身などの和食との相性もとても良いワインです。

■こんなシーンにおすすめ

家飲みからホームパーティーなどシーンを問わず、アペリティフとしてもランチやディナーなどいろいろなお料理に合わせてお楽しみいただけます。また美しいボトルデザインと気品のあるメトドクラシコ製法のスパークリングワインはクリスマスやお正月、お誕生日や記念日などに合わせて、いろいろなお祝いの席で開けていただくのにぴったりのワインです。また結婚のお祝いや記念日、バースデーやお礼などの特別な贈り物や、ワインがお好きな方へのプレゼントにもぴったりです。

■ラッピング

のし、ギフトボックス、メッセージカード、ギフトラッピングなどもご用意しておりますので、お気軽にお尋ねください。お中元、お歳暮、内祝いなどのギフトにも対応可能です。 6本セットはクアルトモロ・ディ・サルデーニャの特製ボックス入り。

PRODUCERワイナリー紹介

■Quartomoro di Sardegna(クアルトモロ・ディ・サルデーニャ)

サルデーニャ島ではもちろん、イタリアでも近年最も注目されている醸造家の一人、ピエロ・チェッラ。彼が奥さんのルッチャーナと家族で営むワイナリー、クアルトモロ・ディ・サルデーニャは2007年にオリスターノ市からほど近い、西海岸沿いの アルボレアという村に設立されましたこのワイナリーは、普段はサルデーニャ各地で醸造コンサルタントとして活躍している、ピエロの実験的ガレージワイナリーとしてスタートしました。
ここでは、かつてイタリアワイン、スーパータスカンの父と言われたジャコモ・タキスの右腕として長年活躍したピエロの技術と知識を駆使して、島の様々な土着ブドウ品種とサルデーニャ島のテロワールに注目し、その可能性を最大限に引き出し国際的レベルまで引き上げるというコンセプトを基に、数々の素晴らしい島の土地や文化を感じながらもとてもエレガントなワインが生み出されています。
クアルトモロ・ディ・サルデーニャでは、土地に敬意を払うという意味で、化学的な手は加えない自然農法にこだわりながら、ワイナリーでもできる限りナチュラルなワイン作りを心がけています。この魅力的なクアルトモロ・ディ・サルデーニャのワインを通して、新しいサルデーニャワインの可能性をも感じることができます。