小樽のクラフトワインショップ&カフェ Taru Lab - 樽ラボ Taru Lab 樽ラボ|イタリア・サルデーニャ島のちょっと贅沢なクラフトワイン&リキュール

Taru Lab
Online Shopオンラインショップ

Alba & Spanedda Taru Cabernet Sauvignon Isola dei Nuraghi IGT 2018 Taru - 樽 カベルネ・ソーヴィニヨン2018

販売価格
5,200円(税込5,720円)
購入数

○お酒は 20 歳になってから、ご購入は 20 歳以上に限ります。 ○25,000 円以上のお買い上げで送料無料

商品詳細

    
種別 ワイン(果実酒)
タイプ 赤 ドライ フルボディー
生産者 Alba & Spanedda(アルバ&スパネッダ)
生産地 イタリア サルデーニャ オッシ村
GI(地理的表示) Isola dei Nuraghi IGT (イソラディヌラギ IGT)
生産年 (ヴィンテージ) 2018
品種 Cabernet Sauvignon (カベルネ・ソーヴィニヨン)
アルコール度数 14.5%
容量 750ml
適温 16-18度

アルバ&スパネッダ Taru - 樽 カベルネ・ソーヴィニヨン2018の紹介

■ワインの味わい

国際品種のブドウ、カべルネソーヴィニヨンはサルデーニャ島でも各地で栽培されています。アルバ&スパネッダでも、カベルネ・ソーヴィニヨンを栽培していますが、2018年に収穫されたブドウはいつにも増して素晴らしい出来でした。Taru(樽)はアルバ&スパネッダとTaru Labがこのカべルネソーヴィニヨンを使って初のコラボレーションで完成させた赤ワインです。100%カベルネ・ソーヴィニヨンを使用、フレンチオーク(新樽)での12ヶ月熟成させています。色合いは深く鮮やかなルビー色で、香りにはブラックベリーや熟成したフルーツ、オークからのバニラやチョコレート、木の香りなどが漂います。味わいはフルボディーでタンニンがしっかりしていますが、とても滑らかな舌触りでブラックベリーやフルーツの味わいにスパイスや樽味わいがバランスよく程よく効いています。少しずつ香りと味わいが混じり合い良い飲み口になってきていますが、長くセラーで寝かせるのも楽しみになワインです。

■ワインの背景

アルバ&スパネッダとTaru Labが彼らのフラッグシップワインDedola(デドラ)を通じて知り合ってから、私たちはワインやサルデーニャへの情熱を共有しながら深い友情関係を築きあげてきました。Taru(樽)は、この深い友情の絆とワインへの熱い想いを形にした記念すべきワインです。Taru(樽)の原材料にはオッシ村の自然の中で、石灰岩土壌で育った素晴らしいカベルネ・ソーヴィニヨングレープが使われていますが、2018年のヴィンテージは過去最高の出来でした。今回は、フレンチオークを使うという案で双方が意気投合し、ワインの生産過程でも色々な意見を取り交わしながら、完成まで大変楽しいコラボレーションとなりました。オークを使いTaru Labが関わったということで名前もTaru(樽)と名付けられました。 ラベルのデザインは少し東洋的な雰囲気に、樽を象徴させる木、そこに友情の花がいくつも開花していくというコンセプトでTaru Labがデザインしました。アルバ&スパネッダのワイナリースタッフはいつも家族のように仲良く、Taru Labもサルデーニャでの滞在中はその家族の一員として迎えてもらっています。このTaru(樽)ワインを作っている間には、残念なことにそのメンバーの最年長者、長い間ワインを一緒に作ってきたヴィンチェントが急逝してしまうという出来事があり、出来上がったTaru(樽)はヴィンチェントに捧げることになりました。ラベルデザインには友情を表す花々と共にヴィンチェントが天国に登っていくという意味も込められています。

■このワインと合う料理

牛や羊のグリルやローストした肉、シチューなどのしっかりした肉料理に。また熟成したハードチーズなどにもぴったりです。

■こんなシーンにおすすめ

家飲みからホームパーティーに。アルバ&スパネッダと樽ラボがコラボレーションで作った限定品のこのワインはバースデーや記念日などのお祝いの席、特別なディナーにもぴったりです。ラベルデザインもこのコラボレーションの為に友情を記念してデザインされ、大切な方へのお礼やお祝いのプレゼントとしてもぴったりです。

■ラッピング

のし、ギフトボックス、メッセージカード、ギフトラッピングなどもご用意しておりますので、お気軽にお尋ねください。お中元、お歳暮、内祝いなどのギフトにも対応可能です。

PRODUCERワイナリー紹介

■Alba & Spanedda(アルバ&スパネッダ)

オッシ村の2人組の生産者、セバスチャーノ・アルバとトニーノ・スパネッダ。彼らはサルデーニャ北部の土着ブドウ品種、カンニュラリを使った赤ワイン作りの名手として知られています。
アルバ&スパネッダの約7ヘクターある海抜300m以上のブドウ畑は、サルデーニャ島のオッシとティッシ村の美しい田園風景の広がる郊外にあり、豊かな自然に恵まれたこの土地では、自然農法で作られたブドウの美味しさが存分に発揮された、サルデーニャの風土が感じられる豊かな味わいのワインが生産されています。
環境に優しい生態系のシステムにも配慮したアルバ&スパネッダのブドウ畑では除草剤や化学肥料などは一切使用せず、機械による除草と有機肥料だけを使用しています。日光をよく浴びて健康的に育ったカンニュラリ、カンノナウ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ベルメンティーのブドウは3年から50年の樹齢でブッシュヴァインも多く、高い技術を持ったスタッフが収穫の時期まで全て手作業で手入れをしています。
このような惜しみない日々の努力がワインの味わいとクオリティーを高め、誠実さと言葉がぴったりのワインを生み出すことを可能にしました。彼らの素晴らしいテロワール(風土)が表現されたワインがお楽しみいただけます。