Quartomoro di SardegnaSardinia | Arborea

Cantina Alba & Spanedda

醸造家ピエロ・チェッラのサルデーニャの原生種グレープとテロワールへの飽くなき挑戦

近年サルデーニャで最も注目されている醸造家の一人、ピエロ・チェッラとルッチヤーナの夫婦の ワイナリー、クアルトモロ・ディ・サルデーニャは2007年にオリスターノ市からほど近い、西海岸沿いの アルボレアという村に設立されました。

ここでは普段はサルデーニャで醸造コンサルタントとして活躍している、ピエロの実験的ガレージワイナリーとして、島の様々な土着なブドウ品種とそのテロワールに注目し、その可能性を最大限に引き出すという試みの中、数々の素晴らしいワインが生み出されています。土地に敬意を払うという意味でも化学的な手は加えない自然農法にこだわりながら、ワイナリーでもナチュラルなワイン作りを心がけています。

ピエロは幼少の頃からワインのある環境に慣れ親しみ、ワイン醸造学を勉強してからも毎日ワイナリーでの仕事を心から愛し、探究心をいつも持ちながら決して自分の仕事に満足しないことでいつも自分を高める努力をし続けています。情熱、仕事への責任、フィールドワーク、そしてワインの世界を愛する気持ち、これらの要素がピエロを動かす原動力です。

ピエロは90年代にイタリアでも何本かの指に入る著名な醸造家ジャコモ・タキスに抜擢され、サンターディで醸造家として 13年間を彼の右腕として働き、その間に素晴らしいワイン造りの技術を学ぶと同時に、ワインは、クリーンで、調和がとれていて、柔らかく、美味しくなければならないというタキスの持論を軸に、数々の名作と言われるワインの製造に携わってきました。

一方、ルッチャーナは長い間教員として仕事をしていましたが、幼い時からお祖父さんのぶどう畑やワイン造りを手伝いながら、ワインの世界に慣れ親しんできましたがピエロと出会ってからは幼少からの葡萄畑やワインの思い出を実際のワイン作りに生かすことができるようになりました。

この魅力的な二人が作り出すサルデーニャの産地と品種を実験しながら生まれた、伝統を守りながらもテロワールを意識したクアルトモロ・ディ・サルデーニャのワインを通して新しいサルデーニャのワインの可能性を味わうことができます。

私たちの使命はとてもシンプルです。サルデーニャにある生態系の多様性の中で土地の面白さをワイン作りで表現することです。
ピエロ・チェッラ & ルッチャーナ・バッソ

 
この生産者のワインを購入する >