小樽のクラフトワインショップ&カフェ Taru Lab - 樽ラボ Taru Lab 樽ラボ|イタリア・サルデーニャ島のちょっと贅沢なクラフトワイン&リキュール

Taru Lab
Online Shopオンラインショップ

Agricola Pilo Zafferano di Ploaghe アグリコラ・ピロ グレード1 手摘みサフラン

販売価格
2,130円(税込2,300円)

この商品のキーワード

お酒は 20 歳になってから、ご購入は 20 歳以上に限ります。 25,000 円以上のお買い上げで送料無料

商品詳細

 
タイプ サフラン
原材料 サフラン
生産者 Agricola Pilo (アグリコラ・ピロ)
生産地 イタリア サルデーニャ プロアゲ村
容量 0.5g
賞味期限 2021.11.30
保存方法 直射日光を避け、常温で保存。保存料、着色料など添加物は使用しておりません。開封後は涼しい光の当たらない場所に保存してください。

品切れのため大変ご迷惑をおかけしております

アグリコラ・ピロ グレード1手摘みサフランの紹介

■希少なサルデーニャ産、香り高い黄金色のサフラン

アグリコラ・ピロはイタリア・サルデーニャ島のプロアゲという小さな村で最高品質のイタリア産サフランを80年の長い間、家族代々作っている、家族経営の小さなサフラン生産者です。イタリア産のサフランは高い品質と素晴らしい味わいで、とても人気がありますが、生産者が減ってきていることや、栽培から加工まで時間と労力がかかり、生産量が大変少ないため、どんどん希少なものになってきています。その中でも、アグリコラ・ピロのサフランはグレード1の最高級品質で、ここでは丁寧に栽培から加工まで、手間暇かけて手作業で行われています。その結果、驚くような香りとしっかりした味わいがあり、彼らのサフランは一度味わうと忘れられない香りとおいしさです。このサフランからは、花柱をたった4本を使うだけで1人前の美しい黄金色のサフランの香り豊かなリゾットが調理することができます。この美しい本物のサフランの香りと味わいをお料理に取り入れて、お料理のレパートリーを広げてみませんか?

■サルデーニャ島の調味料、サフランの歴史と使い方

サフランの栽培には高い技術や長い経験が必要な上、その工程には大変手間がかかり、収穫のタイミングなども難しいため、イタリアでも大変貴重で高価な産物として取り扱われています。サルデーニャ島では昔からサフランがいろいろなシーンで使われてきたこともあり、今でもその生産が島の各地で根付いています。サフランの用途は様々で、調味料やスパイスとして、リゾットはもちろん、スープやソース、 パスタの生地やお菓子作りなど数々のお料理に使われています。そのほか、リキュール作りや、民族衣装などの生地や絹製品の染物などに使われるなど、昔から島の生活に欠かせない香辛料の一つです。また、イタリアではサフランは昔から薬用ハープとしての効用もあると伝えられていて、抗酸化防止や情緒安定、消化を助ける、ストレス抑制などの効用もあると言われていて、アグリコラ・ピロではハーブティーとしてサフランを楽しむ方法もお伝えしています

■アグリコラ・ピロ グレード1手摘みサフランの召し上がり方

1.使う数のサフランの花柱を金属製のスプーンにのせ(もしくはフライパンに入れて)数秒間軽くから炒りします。
 2.サフランをクッキングペーパーに挟んでスプーンの背などでサフランを粉状にします。 3.粉末状になったサフランとぬるま湯を小さな容器に入れ2−3時間(もしくは一晩)置き、色と香りを充分に抽出する。 サフラン液はリゾットやパスタのソースに、魚介類のスープ、パエリア、パスタやパンの生地になど、いろいろなお料理にお使いいただけます。

■こんなシーンにおすすめ

香り高いサルデーニャ産のサフランは、リゾットやパスタ料理、パエリアなどいろいろなお料理にお使いいただけますので、普段のお食事からホームパーティーなどいろいろなシーンでお役立ちいただけます。またこの大変珍しい、体にも優しい最高品質のイタリア産サフランは、グルメな方、お料理好きの方、ナチュラル・ヘルシー思考のこだわりの方へのギフトにもぴったりです。そのほかにも、Taru Labのサルデーニャ島から直輸入のワイン、リキュール、野菜のペースト各種、サフランなどと合わせて、お誕生日、お祝い、お中元、お歳暮、お礼、快気祝い、内祝いなど、シーンに合わせた贈答用にもご利用いただけます。

■ラッピング

のし、ギフトボックス、メッセージカード、ギフトラッピングなどもご用意できますので、お気軽にお尋ねください。お中元、お歳暮、内祝いなどのギフトにも対応可能です。

PRODUCER生産者紹介

■Agricola Pilo (アグリコラ・ピロ)

イタリアサルデーニャ島北部、サッサリ州にある小さなプロアゲ村にアグリコラ・ピロの美しいサフラン畑があります。サフランの栽培には高い技術や長い経験が必要な上、その工程は大変手間がかかり、収穫のタイミングなども難しいと言われていますが、ここでは、最高品質のイタリア産サフランをすべて栽培から加工まで、手作業で時間をかけて丁寧に生産しています。オーナーのアントニオのお爺さんがこの土地で80年前に始めたサフラン栽培を、アントニオも若い頃から手伝い、その経験を通してサフラン栽培へ情熱をかけるようになりました。その後、昔からピロ家に伝わるサフランの栽培技術とサフラン畑をお爺さんから引き継ぎ、2015年に家族経営のアグリコラ・ピロを立ち上げました。
今ではなかなか手に入らない、ごく少量しか生産されない希少なイタリアサルデーニャ産のサフランの中でも、トップクオリティーのサフランを、栽培から製造まで手がける数少ない生産者です。